PowerPoint文書をFelixで翻訳する

PowerPoint文書は、最も翻訳が面倒なドキュメントとして知られています。そんな苦労はもう不要です。Felixを使えば、PowerPointでの翻訳作業がぐっとシンプルになります。PowerPoint文書の翻訳にFelixを使用すれば、MS PowerPoint上の操作だけで翻訳ができます。MS Wordの翻訳と同じように原文を上書きしながら翻訳を入力し、その訳文を登録するだけです。

訳文を登録すると、自動的に次の文に移動するのと同時にFelixメモリへの検索が行われます。次のテキストボックスや次のスライドにも移動できるので、便利です。

このように翻訳を直接入力できるため、テキストを抽出して別のプログラム用で翻訳を行い、またPowerPointに戻してデータの状態を確認する、という煩雑な周辺作業は一切不要になります。

各種アプリケーションのインターフェース: