Felixチュートリアル:MS パワーポイントで使う

ここでは、FelixのMS PowerPointでの使い方を説明します。

  1. 「Felix」を起動して、PowerPointで翻訳するファイルを開きます。

    MS PowerPointでファイルを開きます。
  2. PowerPoint 2007以降だったら、Add-Insタブを表示します。[Felix] メニューから [次の文の選択] を選択するか、ツールバーの「→」ボタンをクリックします。

    Felixメニューの検索項目

    メニューでの選択

    Felixツールバーの検索ボタン

    ツールバーのボタン

  3. 最初の文節が選択され、Felixで検索されます。

    最初の文節がFelixで検索されます。

    ツールバーのボタン

    PowerPoint・メモリ・用語集の画面の位置を調節します。

    この時点では、FelixのTM(翻訳メモリ)が開いていないため、一致がありません。

    最初の文節に対して、一致する訳語がありません。

    Felixでの検索結果はまだありません

  4. 原文を上書きして訳します。

    翻訳が終わったら、カーソルを訳文の最後において、Felixのツールバーから、「↑」ボタンをクリックします。

    Felixメニューの登録項目

    メニューでの選択

    Felixツールバーの登録ボタン

    ツールバーのボタン

  5. これで現在の翻訳対象(照会)の訳文が登録され、Felixのウィンドウで表示されます。

    最初の訳文がFelixに登録されます

    最初の訳文が登録されます

    Felixのメインウィンドウで訳文が表示されます。

    Felixでの表示

  6. 「Felix」→「次の文の検索」を選択します。あるいは、ツールバーの「→」ボタンをクリックします。原文の選択・検索が行われます。

  7. 上記と同じ方法で、文を翻訳します。

    Felixのメインウィンドウで訳文が登録されます。

    二つ目の訳文が登録されます。

  8. 翻訳を続けます。翻訳が終わったら、そのまま納品できる状態になっています。