3.3.1. グロサリ ウィンドウを操作する

グロサリ ウィンドウに対して実行するほとんどのコマンドは、翻訳メモリウィンドウに対して実行するコマンドと同じです。また、翻訳メモリとグロサリは、両方とも同じフォーマット(データ表現/格納手段として幅広く認知された XML フォーマット)で保存されます。 翻訳メモリとグロサリの違いは単に概念的なものです。グロサリをメモリとして使用すること、その逆に、メモリをグロサリとして使用することが可能です。

グロサリウィンドウと翻訳メモリ ウィンドウの主な違いとして、複数のグロサリウィンドウを同時に表示することができます。最初に開かれるグロサリ ウィンドウは「メイン グロサリウィンドウ」と呼ばれます。 メイン グロサリ ウィンドウには、2番目以降に開かれるグロサリ ウィンドウには無い複数の機能や特長があります。

メイン グロサリ ウィンドウは、タイトルバー上の「メイン」という接頭語によって識別されます。

マイングロサリ ウィンドウ

次の表は、メイン グロサリ ウィンドウとその他のグロサリ ウィンドウ間で、主要な機能を比較したものです。

用語集の主な機能
機能 メインの用語集 その他の用語集
用語の自動検索 ○ ○
用語の自動登録 ○ ×
翻訳メモリ ウィンドウからの用語の登録 ○ ×
グロサリウィンドウから翻訳メモリウィンドウへのエントリの登録 ○ ○
MS OfficeやTag Assistからの用語の削除 ○ ×

現在のメイン グロサリ ウィンドウを閉じると、2番目に開かれたグロサリ ウィンドウが新しいメイン グロサリ ウィンドウになります。

メイン グロサリ ウィンドウとその他のグロサリ ウィンドウ間の細かい違いについては、以降のセクションで説明します。