2. はじめに

このセクションでは、Felixのダウンロード、インストール、アンインストールの方法を説明します。

2.1. ダウンロード

Felixの最新版は、 Felix のダウンロードページ からダウンロードできます。

体験版も製品版も、同じインストーラを利用します。ライセンス・キーを入力することによって、( Felixの登録 を参照)、体験版が製品版になります。Felixをバージョンアップしても、製品版のままでご利用いただけます。

2.2. インストール

プログラムのダウンロードが完了したら、Felix_Setup_X.X.exeアイコンをダブルクリックし、表示される手順に従ってインストールしてください。

インストールを開始する前に、その他のすべてのプログラム(常駐のアンチウィルス ソフトウェアなどを含む)を終了しておくことをお勧めします。

2.2.1. コンポーネントの選択

インストーラのコンポーネント選択の画面では、MS Word、Excel、およびPowerPointのインターフェースを選択できます(これらはデフォルトで選択されています)。これにより、上記のプログラム上でFelixを使用することができます。

ちなみに

インストールされていないコンポーネントを選択しても、エラーになりません。複数のMS Officeのバージョンが同時にインストールされている場合、すべてのバージョンで有効になります。

2.2.2. Felixの登録

最初にFelixをダウンロード・インストールすると、体験版となります。体験版と製品版の違いは、体験版では対訳500件までしか登録できないのに対して、製品版ではこの制限がありません。Felixを登録することによって、この制限が解除されます。

Felixを登録するには、ライセンス・キー(解除キー)を購入する必要があります。ライセンスキーを入手してから、Felixの画面にて、 「ヘルプ(&H)」→「ソフトの登録(&R)」を選択します。次に、ライセンスキーをテキストボックスに貼り付けて、**OK**ブタンをクリックします。これでFelixが登録されます。

2.3. アンインストール

アンインストールするには、以下の手順に従ってください。

  1. Microsoft Word、Microsoft Excel、またはMicrosoft PowerPoint が実行されている場合は、各プログラムを終了します。
  2. Windowsの[スタート] メニューから [設定] → [コントロールパネル] を選択します。
  3. [プログラムの追加と削除] アイコン(カゴリ表示の場合)または [プログラムの追加と削除] 項目(クラシック表示の場合)をダブルクリックします。
  4. [Felix] を選択し、[追加と削除](カテゴリ表示の場合)または [変更と削除](クラシック表示の場合)をクリックします。
  5. アンインストール プログラムが起動します。画面の指示に従って、アンインストールを実行します。

2.4. 初めてFelixを起動する方

始めてFelixをお使いになる方、 Felixチュートリアル:MSワードで使うFelixチュートリアル:MS パワーポイントで使う から読むと便利です。