9. よく聞かれる質問

9.1. どうしたら...

9.1.1. 初めてFelixを使う人は、どうしたらいいですか。

Felixチュートリアル:MSワードで使う から始めたらいいでしょう。

オンラインのでもムービー もあります。

9.1.2. エクセル形式の用語集があります。どうしたらFelixの用語集に変換できますか。

  1. Excel シート上で、1つのカラム(例:A列)に用語の原語、その右隣のカラム(例:B列)に用語の訳語が入力されていることを確認します。
  2. 登録範囲の開始セルとして、原語カラムの一番上のセルを選択します。
  3. メニューから「Felix」→「グロサリへの一括登録(R)」を選択します。

詳細について、 用語集を一括登録する を参照してください。

9.1.3. 翻訳メモリ内およびグロサリ内でテキストを検索/置換する方法を教えてください。

翻訳メモリや用語集内で検索・置換するには、検索ウィンドーを利用します。詳細について、 検索と置換 を参照してください。

9.1.4. 訳文をチェック/訂正する方法を教えてください。

ここでは、文書作成プログラムとして Microsoft Word を使用している場合を想定します。

校正モードで操作すると、いったん翻訳した文を簡単にチェック・訂正することができます。詳細について、 校正モード を参照してください。

9.2. こんなことをしたいのですが…

9.2.1. MS Word/Excel/PowerPointのキーボードショートカットをカスタマイズできますか。

はい。まず、メニューから「Felix」→「Felixのユーザ設定」を選択します。ダイアログが表示されたら、「ショートカット(K)…」ボタンをクリックします。「ショートカット」ダイアログが表示されます。ショートカットを設定してから、「OK」ボタンをクリックします。

Wordでのショートカットの詳細について、 ショートカット を参照してください。

9.2.2. Felixは、MS Officeの64ビット版で使えますか。

Felixでは、Windowsの64ビット版に対応しているものの、Office(Word, Excel, PowerPoint)の64ビット版には対応していません。Officeをインストールする際、32ビット版を選んでください。

ノート

マイクロソフト社でも、ほとんどの場合、Officeの32ビット版を使うよう、推奨します。詳しくは、 Microsoft Office の 32 ビット版と 64 ビット版を選択する を参照してください。

9.2.3. Felix と TRADOS® を同じコンピュータにインストールすることは可能ですか?

FelixとTrados(R)のWordのアドインを同じコンピュータにインストールすることは可能ですが、プログラムの競合性については検証中です。同一コンピュータへのインストールはできるだけ避けてください。

SDL Trados Studioと一緒にインストールしても、問題にならないはずです。

9.2.4. FelixとWordfast を同じコンピュータにインストールすることは可能ですか?

Felixは、Worfast Classicと相性が良くありません。リライトされた単体バージョンは一緒に利用しても、問題にならないはずです。

9.2.5. FelixをMicrosoft Word 97で使用できますか?

Microsoft Word 97には対応しておりません。Microsoft Office 2003 以上が推奨されます。

9.3. 教えてください。

9.3.1. Felix 体験版とユーザー登録版の違いは何ですか?

体験版の Felix では、翻訳メモリとグロサリメモリに登録できるセグメント数が500ペアまでに制限されています。

これ以外の機能制限はなく、ユーザー登録版とまったく同じ機能を体験版でお使いいただけます。これ以外の相違点は、体験版の場合、起動時にユーザー登録をお勧めするメッセージが表示され、タイトルバーに「DEMO」と表示されることです。ユーザー登録が完了すると、このメッセージと「DEMO」表示が消えて、翻訳メモリとグロサリのサイズ制限が解除されます。

9.3.2. 「メモリ」と「グロサリ」はどう違うのですか?

翻訳メモリ(TM)ファイルには、「.ftm」という拡張子が付いていて、用語集(グロサリ)ニハ、「.fgloss」という拡張子が付いています。これ以外、翻訳メモリとグロサリメモリの違いとは、単に概念的なものです。翻訳メモリもグロサリも、データ表現/格納手段として幅広く認知された XML フォーマットで保存され、同じスキーマが使用されています。さまざまな目的に応じて、グロサリをメモリとして使用したり、逆にメモリをグロサリとして使用することも可能です。