3.2.7 翻訳メモリを保存する

現在開いている翻訳メモリを保存するには、翻訳メモリ ウィンドウの [ファイル(F)] メニューから [上書き保存(S) ] を選択します。または、キーボード ショートカット Ctrl+S を押します。

「ファイル」メニューから「開く」を選択

新しいメモリを最初に保存するときは、メモリ ファイルの名前と保存先フォルダを指定するための [メモリを上書き保存] ダイアログが表示されます。既存のメモリを別の名前で保存する場合または別のフォルダに保存する場合(あるいは別のフォルダに別の名前で保存する場合)は、翻訳メモリ ウィンドウの [ファイル(F)] メニューから [名前を付けて保存...(A)] を選択します。

読み込まれているTM(翻訳メモリ)をすべて保存するには、[すべてを保存] を選択します。

Felixで保存できる翻訳メモリの形式は、xml 形式(デフォルト)、TMX形式、Tradosテキスト形式、あるいはExcelファイル形式です。ダイアログボックスで適切なファイルの種類を選択しください。

前に戻る(開く) | 次へ進む(新規作成)