3. Felixの使い方

3.1 はじめに

Felix を起動するには、デスクトップ上の Felix アイコンをダブルクリックします。 また、Word、Excel、PowerPointの各インターフェイス、または TagAssist アプリケーションから Felix のコマンドを呼び出すと、Felix が自動的に起動されます。

メモリウィンドウやグロサリウィンドウ表示の倍率(ズーム)が調整できます。対象ウィンドウをマウスでクリックしてアクティブにしたのち、Ctrl + マウスホイールでウィンドウの文字を大きくしたり、小さくしたりできます。

Felixは起動時、メインウィンドウおよびグロサリウィンドウが前回のサイズや位置にて表示されます。FelixをMS Officeのウィンドウに合わせて使う場合など便利です。

3.2 翻訳メモリウィンドウ

3.2.1 翻訳エントリを追加する
3.2.2 翻訳メモリを検索する
3.2.3 翻訳エントリを編集する
3.2.4 翻訳エントリを削除する
3.2.5 グロサリ エントリを登録する
3.2.6 翻訳メモリを開く
3.2.7 翻訳メモリを保存する
3.2.8 新しい翻訳メモリを作成する
3.2.9 UI言語を切り替える
3.2.10 新しいグロサリ ウィンドウを開く
3.2.11 ユーザ設定を定義する
3.2.12 翻訳メモリを管理する
3.2.13 ネットワーク(LAN)を通じて翻訳メモリに接続する

3.3 グロサリ ウィンドウ

3.3.1 グロサリ ウィドウを操作する
3.3.2 グロサリを開く
3.3.3 グロサリ エントリを編集する
3.3.4 グロサリ エントリを削除する
3.3.5 グロサリにエントリを追加する
3.3.6 グロサリを保存する
3.3.7 グロサリを管理する
3.3.8 ネットワーク(LAN)を通じてグロサリに接続する

3.4 編集モード

3.4.1 編集モードの開始と終了
3.4.2 テキストの編集と書式設定
3.4.3 検索と置換

前に戻る | 次へ進む