フォーラムの公開

2009年12月20日 PM 9:53

Felixのフォーラムを公開しました。 フォーラムへのリンクはこちらです。 このフォーラムは、FelixやFelixのツールに関する質問や意見交換の場として利用いただけると幸いです。 参加は自由ですが、参加するのにユーザ登録が必要です。 Felixのユーザ、Felixの導入を検討している方、ご参加をお待ちしています。

admin がFelix のカテゴリにて投稿しました。 | コメント 0 件»

Felixバージョン1.5.3の公開

2009年12月16日 PM 5:10

Felixバージョン1.5.3がリリースされました。 最新版のダウンロードはこちら このリリースには、特にリモートTM(翻訳メモリ)や用語集への対応、用語の登録などに関する改善・修正が含まれています。詳細は以下のとおりです。 リモートTM(Memory Serves)への対応の改善 【不具合の改善】Memory Servesにある用語・訳文をFelix上で編集すると、新しい用語・訳文が登録されていました。 【不具合の改善】半角・全角交じりの照会文が検索されない場合がありました。 【不具合の改善】Memory ServesのTM・用語集の名前は[新規]として表示されていました。 【不具合の改善】「作成者」と「変更者」の情報が反映されていませんでした。 【不具合の改善】Memory ServesのTM・用語集の「原言語」と「目的言語」の情報が表示されていませんでした。 用語登録の改善 「用語の登録」ダイアログにて、右側のテキストボックスに文字がなければ、左側の選択した文字が原語・訳語としてみなされます。 【不具合の改善】訳語の確認時や訳文候補のない照会文が表示した状態でF3キーを押すと、「用語の登録」ダイアログが文字が設定されていない状態で表示されていました。 【不具合の改善】「用語の登録」ダイアログの「詳細」設定では、「原語」や「訳語」を指定しなくても良いようになりました。 「用語の登録」ダイアログの「詳細」設定では、「規定の設定」というチェックボックスが追加されました。これで、用語登録の際の規定情報(コンテキスト、信頼度など)が指定できるようになりました。 検索表示の改善 キーボード・ショートカット:新規検索(Alt+N)、検索ページへ(Alt+S)、置換ページへ(Alt+R)、ヘルプの表示・非表示(Alt+H) すべてのフィルタを削除しても、すべての訳文・用語が表示されないようになりました。 「すべてを置換」ボタンを押してから、置換の対象になった訳文・訳語の個数が表示されるようになりました。 その他のFelixに関する改善 【不具合の改善】コンコーダンス(一致検索)の表示を切り替えても、再検索が行われない場合がありました。 【不具合の改善】用語ウィンドーの背景色がユーザ設定ファイルに反映されていませんでした。 【不具合の改善】検索アルゴリズムが単語ベースの際、不一致の部分の表示がCSSのプロパティに従っていませんでした。 【不具合の改善】Windows Vista/Windows 7では、「バージョンアップの確認」機能を使うのに、管理者として実行する必要がありました。 Microsoft Office I/Fに関する改善 Excel: 「用語集の一括登録」「メモリの一括登録」では、セルあたりの最長文字数が1,024文字から32,767文字に変わりました。 Word: 一般的な省略語が文末として認識されないようになりました。(“Mr.”, “Mrs.”, “Ms.”, “Dr.”, “e.g.”, “i.e.”) 【不具合の改善】Felixのユーザ設定をキャンセルしても、設定が確定されていました。 その他に、いくつかのマイナーな改善・修正が含まれています。

admin がFelix,リリース のカテゴリにて投稿しました。 | コメント 0 件»

Memory Servesバージョン1.5のリリース

2009年12月15日 PM 1:24

Memory Servesバージョン1.5がリリースされました。 最新版のダウンロードはこちら 今回のリリースの主な改善点は下記のとおりです。 単一のインスタンス:起動中にMemory Servesを再び起動しようとすると、Memory Servesのホームページをブラウザで表示させ、終了します。(現在起動しているインスタンスが動作を続けます)これで、ポートの競合などの問題が避けられるようになりました。 システム・トレイのアイコン。アイコンを見るだけで、Memory Servesが起動しているかどうか確認できるようになりました。システム・トレイのアイコンを右クリックすると、表示されるメニューで、Memory Servesのホームページを表示したり、Memory Servesを終了したりできます。システム・トレイ・アイコンの表示・非表示は、ユーザ設定で指定できます。 メモリ(TM)・用語集の詳細ページにて、基本的な統計データが表示されるようになりました(現時点では、確定済の割合と信頼度に関する統計のみ)。 パソコンの使用メモリがある程度減りました。 その他、マイナーな改善・変更点 Memory Servesについて Memory Servesとは、FelixのTMや用語集をネットワーク(LAN、VPNなど)を通じて共有するための無料ツールです。

admin がMemory Serves,リリース のカテゴリにて投稿しました。 | コメント 0 件»

Office 2007でFelixのツールバーなどを表示する方法

2009年11月25日 PM 2:49

Office 2007からは、画面の表示が「リボン」に変わりましたので、ワードなどを最初に立ち上げたとき、Felixのツールバーやメニューが見当たりません。 Felixのツールバーなどを表示するには、Add-Ins(アドイン)のタブをクリックします。 すろと、Felixのツールバーやメニューが表示されます。

admin がFelix,ヒント のカテゴリにて投稿しました。 | コメント 0 件»

Felix バージョン1.5.2のリリース

2009年11月24日 PM 1:34

Felixバージョン1.5.2がリリースされました。 最新版のダウンロードはこちら 今回の更新には、いくつかの機能の改善やPPT対応の改善が含まれています。 Felixの主な改善点は下記のとおりです。 Felix DHTML Editコントロールへの依存性の削除 「表示の切り替え」のツールバー・ボタン 「現在のメモリ・用語集を閉じる」のツールバー・ボタン 「現在のメモリ・用語集を閉じる」のメニュー項目 訳文・訳語を追加するためのキーボードショートカット(F2) 訳語を登録するためのキーボードショートカット(F3) 訳語を登録するためのメニュー項目(「編集」 > 「用語集への登録」) 用語集への登録の際、選択している文字があれば、その文字が原語となります。 新しいコンテキストメニュー Wordインターフェイス Felixメニューから「用語集への登録」を選択すると、現在の選択範囲が原語となった「用語の登録」ダイアログボックスが表示され、訳語を入れて「登録」ボタンをクリックするだけで、用語の登録ができます。 「用語の登録」を選択すると、以下のダイアログボックスが表示されます。 PowerPointインターフェース Felixメニューから「用語集への登録」を選択すると、現在の選択範囲が原語となった「用語の登録」ダイアログボックスが表示され、訳語を入れて「登録」ボタンをクリックするだけで、用語の登録ができます。詳細について、上記の同様のワード機能を参照してください。 PowerPoint I/Fの対応が改善されました。(特に2007年版)

admin がFelix,リリース のカテゴリにて投稿しました。 | コメント 0 件»

【Felixのヒント】用語の自動登録をOFFにする方法

2009年11月17日 PM 5:48

Felixの初期設定では、訳文を登録した際、短い文章の場合にその訳文が自動的にグロサリ(用語)のウィンドウにも登録されます。 この動作を希望しない場合、次ぎようにして、用語が自動的に登録されないようにできます。 (1)Felixの「ツール」メニューから「プロパティ」を選択します。 「ユーザ設定」のダイアログボックスが表示されます。 (2)「グロサリ(用語)」タブを選択して、「自動グロサリ登録の最大文字長」を「0」(ゼロ)にします。 これで、登録した訳文が自動的にグロサリウィンドウに登録されないようになります。

admin がFelix,ヒント のカテゴリにて投稿しました。 | コメント 0 件»

【Felixのヒント】ワードで文節を段落単位で検索するには

2009年11月12日 PM 10:06

FelixのMSワードI/Fでの初期設定では、文節を文単位(「。」、「.」、「!」、「?」などの区切り)で検索します。 文単位ではなく段落単位で検索したい場合、次のようにします。 1.まず、ワードのFelixメニューから、「Felixのユーザ設定」を選択します。 2.次に、「セグメントルール」のタブを選択して、「文末文字」のテキストボックスにある文字をすべて削除して、「OK」ボタンを押します。 3.これで、Felixが段落単位で検索するようになります。

admin がFelix,ヒント のカテゴリにて投稿しました。 | コメント 0 件»

Felixの一致スコアの計算方法について

2009年11月10日 AM 10:17

Felixで、メモリ検索の際、照会文と原文との一致パーセンテージとういスコアがあります。このスコアは、いわゆる「ファジーマッチ」の類似度を測る指標です。 Felixでは、このスコアの計算は、レーベンシュタイン距離(編集距離とも言います)に基づいています。 レーベンシュタイン(編集)距離とは、何回「照会文」を編集したら、「原文」に変えることができるかを表す数字です。 たとえば、以下の照会文の1箇所を編集したら、原文に変えることができるので、距離が「1」となります。 わがはいは犬である。【照会文】 わがはいは猫である。【原文】 この距離値を文字数から引いて、さらにその結果を文字数で割って、基本スコアを求めます。 上記の場合は、文字数が10ですので、(10 – 1) ÷ 10 = .9 この結果に100をかけて、パーセンテージに変換します(この場合は、90%になります)。 そして、「書式」の違いや数字の置き換えを加味して、最終スコアを計算します。これらの調整で、スコアが数パーセント左右することがあります。 これで、Felixのスコア計算ができます。

admin がFelix,ヒント のカテゴリにて投稿しました。 | コメント 0 件»

Felix バージョン1.5.1のリリース

2009年11月09日 AM 6:35

Felixバージョン1.5.1がリリースされました。 最新版のダウンロードはこちら これはマイナーリリースで、いくつかの新機能と不具合の修正が含まれています。 PowerPoint I/Fの対応が改善されました。(特に2007年版) 「用語の登録」画面で、登録先の用語集が指定できるようになりました。 「用語の登録」画面で、「詳細設定」ボタンをクリックすると、用語の初期設定ができます(文脈、信頼度、確定済み・未確定など)。 コンコーダンス(用語一致)表示で、箇条書きが1から始まるようになりました。(以前は、「0」からでした) 【不具合の改善】ユーザ設定を取り込むとき、サーバ上のメモリが削除されませんでした。 【不具合の改善】メモリ・エントリを削除すると、同一用語があればそれも自動的に削除されるという動作をなくしました。 【不具合の改善】サーバ上のメモリの名前は常に「新規」のままでした。 【不具合の改善】「エントリの編集」画面では、「背景色」の設定ができませんでした。

admin がFelix,リリース のカテゴリにて投稿しました。 | コメント 0 件»

Align Assistバージョン1.2のリリース

2009年10月11日 PM 1:17

Align Assistバージョン1.2がリリースされました。 最新版のダウンロードはこちら Align Assistの最新版では、アライン(整合)したTM(翻訳メモリ)がTMX形式で保存することができるようになりました。詳細について、マニュアルのAlignment Windowを参照してください(英語のみ)。 Align Assistとは Align Assistとは、過去の原文と訳文をアライン(整合)して、Felix用のTM(翻訳メモリ)ファイルを作成する無料ツールです。

Ryan Ginstrom がFelix のカテゴリにて投稿しました。 | コメント 0 件»