"Felix"カテゴリのアーカイブ

Felix バージョン1.6.7のリリース

2011年09月17日 AM 6:32

Felixバージョン1.6.7がリリースされました。

最新バージョンのFelixをインストール

Felix(フィリック)v. 1.6.7の主な改善や新機能は以下のとおりです。

  1. 「原文あたり一つの訳文」オプション
  2. PowerPointのFelixインタフェースがワード・エクセルのインターフェースと統一しました。

1. 「原文あたり一つの訳文」オプション

1つの原文あたり、1つの訳文に制限できる用になりました。初期設定では、一つの原文に対して、複数の訳文が登録できます。

このオプションを有効にするには、「ツール」メニューから「プロパティ」を選択して、「メモリ」タブの下部の方にて、「原文あたり、1つの訳文に制限する」チェックボックスにチェックを入れます。

注意:このオプションを有効にする場合、TMを読み込む前に湯こうしてください。TMを読み込んだ後に選択すると、意図しない挙動になる可能性があります。

Back to top

2. PowerPointのFelixインタフェースがワード・エクセルのインターフェースと統一しました。

PowerPointのFelix I/Fが他のオフィスI/Fと統一しました。PowerPointでも、翻訳モード・校正モードができました。

Back to top

admin がFelix,リリース のカテゴリにて投稿しました。 | コメント 0 件»

Felix バージョン1.6.4のリリース

2010年12月03日 PM 7:56

Felixバージョン1.6.4がリリースされました。

最新版のダウンロードはこちら

主な新機能や改善は以下のとおりです。

  1. 【不具合の改善】無効のTM・用語集が取り込めませんでした
  2. Felixの検索結果の一覧表に「詳細」リンクを付けました
  3. 用語マッチの簡易表示
  4. COMのAPIが拡大されました
  5. 既定のコンテキスト(文脈)が指定できるようになりました
  6. メモリの管理:削除の「元に戻す」操作が付けられました
  7. 検索ウィンドー:検索のスピードが上がりました
  8. 検索ウィンドー:検索結果の削除
  9. 検索ウィンドー:TM名・用語集名での検索
  10. エクセル:非表示のセルが検索の対象でなくなりました
  11. 【不具合の改善】PowerPointインターフェースでは、「次のスライド」ダイアログがキャンセルできませんでした。

1. 【不具合の改善】無効のTM・用語集が取り込めませんでした

無効なエントリ(訳語・訳文)が含まれるTM・用語集の取り込みができない場合がありました。今回のリリースでは、ユーザが無効なエントリが破棄できるようになりました。

ページのトップに戻る

2. Felixの検索結果の一覧表に「詳細」リンクを付けました

Felixの検索結果の表示では、「詳細」(用語集ウィンドーでは[>>])をクリックすると、その結果の対象となる訳文・訳語の詳細を見ることができるようになりました。

ページのトップに戻る

3. 用語マッチの簡易表示

用語の検索結果(マッチ)を簡易表示で見ることができるようになりました。「簡易表示」・「通常表示」を切り替えるには、「表示」>> 「簡易表示」を選択します。

ページのトップに戻る

4. COMのAPIが拡大されました

COMのI/F(API)が拡大されました。現在のバージョンでは、TM・用語集の取り込み・保存、プロパティの設定などができます。

ページのトップに戻る

5. 既定のコンテキスト(文脈)が指定できるようになりました

現在のバージョンでは、既定のコンテキスト(文脈)を指定できるようになりました。規定のコンテキスト(文脈)とは、新しく訳語・訳文を登録する際に、自動的に設定される文脈のことです。既定の文脈を指定するには、「メモリの管理」画面を表示させ(「ツール」>>「メモリの管理」)、対象のTM・用語集の「編集」リンクをクリックします。そして、文脈を入力して、「変更」をクリックします。

なお、現在のバージョンでは、TM・用語集ごとに既定の文脈を設定する必要があり、Felixを終了したら、その既定の文脈が保存されません。今後のリリースでは、改善する予定です。

ページのトップに戻る

6. メモリの管理:削除の「元に戻す」操作が付けられました

参照画面から、一度削除した訳文・訳語を元に戻すことができるようになりました。

ページのトップに戻る

7. 検索ウィンドー:検索のスピードが上がりました

特に容量の大きいTM・用語集を検索している場合、検索ウィンドーで行う検索処理が早くなりました。

ページのトップに戻る

8. 検索ウィンドー:検索結果の削除

現在のバージョンでは、検索結果が一括で削除できるようになりました。これで、不要な訳文・訳語が一括で削除できますし、「検索結果の保存」機能と組合せば、TM・用語集の分割もできます。

ページのトップに戻る

9. 検索ウィンドー:TM名・用語集名での検索

現在のバージョンでは、「mem:」タグ又は「gloss:」タグを付けることで、TM名・用語集名を検索条件として指定できるようになりました。検索ウィンドーで、「ヘルプの表示」をクリックすると、タグの説明や操作例を見ることができます。

ページのトップに戻る

10. エクセル:非表示のセルが検索の対象でなくなりました

エクセルのすべての操作では、非表示のセルが対象でなくなりました。

ページのトップに戻る

11. 【不具合の改善】PowerPointインターフェースでは、「次のスライド」ダイアログがキャンセルできませんでした。

「次のスライド」ダイアログで、「キャンセル」を押しても、そのダイアログを閉じることができませんでした。現在のバージョンでは、改善されました。

ページのトップに戻る

admin がFelix,リリース のカテゴリにて投稿しました。 | コメント 0 件»

Felixバージョン1.6.3のリリース

2010年10月13日 PM 7:20

Felixバージョン1.6.3がリリースされました。

最新版のダウンロードはこちら

Felix(フィリック)バージョン1.6.3の主な改善や新機能は以下のとおりです。

  1. 検索表示ウィンドーにて、正規表現式が利用できるようになりました
  2. 管理アクション:タグの削除
  3. 管理アクション:空白文字の削除
  4. エクセル:Escapeキーを押すことで、時間のかかる操作がキャンセルできるようになりました
  5. エクセル:非表示のセルが自動翻訳の対象でなくなりました
  6. ワード:Escapeキーを押すことで、時間のかかる操作がキャンセルできるようになりました
  7. 【不具合の改善】ひらがなの文字が検索されない場合がありました


1. 検索表示ウィンドーにて、正規表現式が利用できるようになりました

検索ウィンドーでは、正規表現式が利用できるようになりました。正規表現式を利用するには、検索の文字列の前に、regex:を入力します。

Back to top

2. 管理アクション:タグの削除

管理ウィンドーでは、メモリ(TM)・用語集からすべての書式タグを削除することができるようになりました。

アクションを行うには、管理ウィンドーにて、TM・用語集を表示・一覧表示に移動して、「{TM名・用語集名}のアクション」をクリックします。

Back to top

3. 管理アクション:空白文字の削除

管理ウィンドーでは、メモリ(TM)・用語集から原文・原語、訳文・訳語の周りにある空白文字を削除することができるようになりました。

アクションを行うには、管理ウィンドーにて、TM・用語集を表示・一覧表示に移動して、「{TM名・用語集名}のアクション」をクリックします。

Back to top

4. エクセル:Escapeキーを押すことで、時間のかかる操作がキャンセルできるようになりました

エクセルでは、Escapeキーを押すことで、自動翻訳・用語集の登録・メモリの登録といった操作をキャンセルすることができるようになりました。

Back to top

5. エクセル:非表示のセルが自動翻訳の対象でなくなりました

このバージョンから、エクセルでは、非表示のセルが自動翻訳の対象ではありません。

Back to top

6. ワード:Escapeキーを押すことで、時間のかかる操作がキャンセルできるようになりました

このバージョンから、ワードでは、Escapeキーを押すことで、自動翻訳がキャンセルできるようになりました。

Back to top

7. 【不具合の改善】ひらがなの文字が検索されない場合がありました

検索ウィンドーでは、ひらがなの文字が検索されない場合がありました。このバージョンから、改善されています。

Back to top

admin がFelix,リリース のカテゴリにて投稿しました。 | コメント 0 件»

Felixバージョン1.6.2のリリース

2010年09月27日 AM 11:48

Felixバージョン1.6.2がリリースされました。

最新版のダウンロードはこちら

Felix(フィリック)バージョン1.6.2の主な改善や新機能は以下のとおりです。

新機能や改善の詳細について、ここで説明します。

ショートカットのカスタマイズ

Word, PPT, Excelのショートカットがカスタマイズできるようになりました。ショートカットをカスタマイズするには、Word・PPT・Excelの「Felix」メニューから、「Felixのユーザ設定」を選択して、「ショートカット」ボタンをクリックします。

次のダイアログボックスが表示されます。

省略の変更

左上のリストから、コマンド名を選択すると、右上のリストに、そのコマンド名に対応するショートカットが表示されます。画面の下部にて、ALT、CTRL、CTRL+ALTのいずれかを選択して、「1キー目」のテキストボックスに任意のキーを押します。(必要に応じて、2キー目のキーも入力できます)。「登録」ボタンをクリックすると、ショートカットが登録されます。

省略のカスタマイズ

Word, PPTの省略がカスタマイズできるようになりました。「省略」とは、ピリオドで終わるものの、文末として認識してほしくない単語のことです。(初期設定では、Mr.、Ms.、Dr.などが含まれています。)省略リストをカスタマイズするには、Word・PPTの「Felix」メニューから、「Felixのユーザ設定」を選択します。次に、「セグメント」タブをクリックして、「省略…」ボタンをクリックします。

次のダイアログボックスが表示されます。

省略の変更

省略のリストを編集して、「OK」ボタンをクリックします。

【不具合の修正】エクセルで>と&の表示に関する不具合

エクセルでは、まれに”>”記号が”>”になったり”&”記号が”&”になったりしていました。

admin がFelix,リリース のカテゴリにて投稿しました。 | コメント 0 件»

Felix バージョン1.6.1のリリース

2010年09月10日 AM 12:47

Felixバージョン1.6.1がリリースされました。

最新版のダウンロードはこちら

Felix(フィリック)バージョン1.6.1の主な改善や新機能は以下のとおりです。

  • 【不具合の改善】メモリ管理画面からTM・用語集を取り込む際の不具合を修正しました。(この不具合はv1.6から入りました)
  • 検索結果がファイルとして保存できるようになりました
  • コンコーダンス(部分一致)検索のコマンドがコンテキスト・メニューに追加されました。Felixの画面にて、右クリックして、選択した文字の部分一致が検索できます。
  • CTRL+Q が簡易検索のショートカットとして追加されました。
admin がFelix,リリース のカテゴリにて投稿しました。 | コメント 0 件»

Felixバージョン1.6のリリース

2010年09月04日 PM 6:53

Felixバージョン1.6がリリースされました。

最新版のダウンロードはこちら

今回のリリースでは、TM・用語集の管理機能がリニューアルされました。新しくなった機能では、TM・用語集の表示・一覧表示・編集などができるようになりました。

TM・用語集の管理画面が新しくなりました

FelixのTM・用語集管理画面

admin がリリース のカテゴリにて投稿しました。 | コメント 0 件»

Felixバージョン1.5.5のリリース

2010年05月10日 PM 1:40

Felixバージョン1.5.5がリリースされました。

最新版のダウンロードはこちら

今回のリリースには、主に検索画面の改善、マクロAPIの拡張、不具合の修正などが含まれています。

主な新機能や改善は以下のとおりです。

全般

  • マクロAPI(VBAなど)の拡張。
  • タブ区切りテキスト形式の用語集が取り込めるようになりました。
  • 【不具合の改善】訳語・用語を編集した後に、画面の上部にスクロールしないようになりました。
  • 【不具合の改善】不正な日付があっても、TM・用語集が正しく取り込むことができます。
  • 【不具合の改善】同時にたくさんのTM・用語集を選択されたときに、開くことができなった場合がありました。
  • 【不具合の改善】「簡易検索」の画面にて、検索を実行するたびに文字が削除されていました。
  • 正規表現式を使った検索結果にも、一致した部分がハイライトされるようになりました。
  • 【不具合の改善】「作成日時」が「更新日時」に上書きされていました。
  • Felix画面のメニューと用語集画面のメニューの表現を統一しました。

検索ページへ

  • 【不具合の改善】不正な日付が指定された場合、Felixが落ちる場合がありました。
  • 検索結果ないのナビゲーションが改善されました。
  • 【不具合の改善】訳文・訳語を編集・削除したあと、検索の結果が第1ページに戻っていました。

サーバ上のTM(Memory Serves)

  • Memory Serves上の検索の性能が向上されました。

PowerPoint

  • “Mr.”、”Dr.”、”Mrs.”などピリオドで終わる省略が文節末文字として認識されないようになりました。
admin がFelix,リリース のカテゴリにて投稿しました。 | コメント 0 件»

Memory Servesバージョン1.6のリリース

2010年03月18日 PM 3:37

Memory Servesバージョン1.6がリリースされました。

最新版のダウンロードはこちら

バージョン1.6の主な改善点は下記のとおりです。

  • グローバルの検索と置換

    すべてのTM・用語集を同時に検索・置換することが出来るようになりました。

  • 検索結果のダウンロード

    検索結果がFelix用のTMファイルとしてダウンロードできるようになりました。これは、一定の条件が満たしている訳文・訳語をまとめて作成したいときに便利です。

  • Webブラウザ上で訳文・訳語が登録できるようになりました。
  • Browseページや検索結果の一致した訳文・訳語が直接編集できるようになりました。

    以前のバージョンでは、検索ページから訳文・訳語を編集すると、編集を決定する際、検索ページへ戻って、検索の照会文がクリアされてしまいました。今回のバージョンで、訳文・訳語が直接編集できるため、照会文もそのまま残ります。

admin がMemory Serves,リリース のカテゴリにて投稿しました。 | コメント 0 件»

Felixバージョン1.5.4のリリース

2010年03月04日 PM 3:06

Felixバージョン1.5.4がリリースされました。

最新版のダウンロードはこちら

今回のリリースには、新機能が多くないものの、不具合の修正や性能の改善が含まれています。下記のような不具合で悩んでいる方、バージョンアップをお勧めします。

Felixの主な改善点は下記のとおりです。

Felix

  • 【不具合の改善】検索ウィンドウでは、不正な日付を入力すると、Felixが固まっていました。
  • ネットワーク上のTMサーバMemory Servesの性能が改善されました。
  • 【不具合の改善】ワードでは、文書を切り替えると校正モードから翻訳モードに戻っていました。
  • 検索のメニュー項目をFelixのメモリウィンドウと用語集ウィンドウで統一しました。
  • 【不具合の改善】校正モードでは、「編集」のリンクをクリックすると、別のエントリ・用語が編集対象となっていました。
  • 【不具合の改善】エントリ・用語を変更すると、作成者・作成日時も変更されてしまっていました。
  • UIの日本語表現が改善されました。
  • 【不具合の改善】不正な日付が合った場合、FelixでのTM取り込みが失敗する場合がありました。
  • 【不具合の改善】Felixのウィンドウが非表示の場合、Felixのマクロを実行するとエラーが発生していました。

Excel

  • 【不具合の改善】「次の文の検索」のコマンドが機能していませんでした。

PowerPoint

  • “Mr.”、”Dr.”、”Mrs.”などピリオドで終わる省略が文節末文字として認識されないようになりました。
admin がFelix,リリース のカテゴリにて投稿しました。 | コメント 0 件»

フォーラムの公開

2009年12月20日 PM 9:53

Felixのフォーラムを公開しました。

フォーラムへのリンクはこちらです。

このフォーラムは、FelixやFelixのツールに関する質問や意見交換の場として利用いただけると幸いです。

参加は自由ですが、参加するのにユーザ登録が必要です。

Felixのユーザ、Felixの導入を検討している方、ご参加をお待ちしています。

admin がFelix のカテゴリにて投稿しました。 | コメント 0 件»