"リリース"カテゴリのアーカイブ

Felixバージョン1.7.1.2のリリース

2013年01月21日 PM 6:04

Felixバージョン1.7.1.2がリリースされました。

最新版のダウンロードはこちら

このリリースには、次の改善や新規の機能があります。

  • 【不具合の改善】「削除」のリンクが機能しない場合がありました。
  • 「ルールの管理」ダイアログが改善されました。
admin がFelix,リリース のカテゴリにて投稿しました。 | コメント 0 件»

Felixバージョン1.7.1.1のリリース

2013年01月03日 PM 8:24

Felixバージョン1.7.1.1がリリースされました。

最新版のダウンロードはこちら

このリリースには、次の改善や新規の機能があります。

  • 【不具合の改善】壊れているTMXメモリをインポートしようとしたとき、Felixが固まる可能性があるという不具合が発見されました。この不具合を修正しました。
  • 従来、TMXメモリをインポートした際、「保存が必要」として扱われていましたが、この挙動を廃止しました。
  • 【不具合の改善】二つ以上の翻訳メモリ・用語集を統合したさい、「保存が必要」フラグがONになっていないという不具合が発見されました。この不具合を修正しました。

最近のリリースの詳細について、マニュアルの最新情報のページ(現在、英語のみ)をご参照ください。

admin がFelix,リリース のカテゴリにて投稿しました。 | コメント 0 件»

Felixバージョン1.7.1がリリースされました

2012年12月28日 AM 9:30

Felixバージョン1.7.1がリリースされました。

最新版のダウンロードはこちら

このリリースには、次の改善や新規の機能があります。

  • ルールによる自動置換
  • 【不具合の改善】ユーザ設定をインポートの際、TMや用語集が読み込まれませんでした。
  • 【不具合の改善】TMや用語集のマージについてのダイアログが表示されなくなる場合がありました。
  • メモリ管理のツールバー・ボタンが追加されました。
  • 【不具合の改善】ハイフン文字を正しく認識されない場合がありました。
  • MS Wordのセグメント認識がより正確になりました。

最近のリリースの詳細について、マニュアルの最新情報のページ(現在、英語のみ)をご参照ください。

admin がFelix,リリース のカテゴリにて投稿しました。 | コメント 0 件»

Felixバージョン1.7のリリース

2012年09月17日 AM 2:05

Felixバージョン1.7がリリースされました。

最新版のダウンロードはこちら

このリリースでは、用語の自動置き換え機能が新しく追加されました。用語の自動置き換え機能とは、照会文にある用語の訳語を自動的に訳文に挿入する機能です。

最近のリリースの詳細について、マニュアルの最新情報のページ(現在、英語のみ)をご参照ください。

admin がFelix,リリース のカテゴリにて投稿しました。 | コメント 0 件»

Felixバージョン1.6.9.2のリリース

2012年05月29日 AM 4:58

Felixバージョン1.6.9.2がリリースされました。

最新版のダウンロードはこちら

このリリースでは、いくつかの不具合が改善されています。

  • 【不具合の改善】ダイアログを利用して続けて2つ以上の訳文・訳語の登録ができませんでした。
  • 【不具合の改善】書式のペナルティー計算に不具合がありました。

最近のリリースの詳細について、マニュアルの最新情報のページ(現在、英語のみ)をご参照ください。

admin がFelix,リリース のカテゴリにて投稿しました。 | コメント 0 件»

Felixバージョン1.6.9のリリース

2012年05月14日 PM 2:44

Felixバージョン1.69がリリースされました。

最新版のダウンロードはこちら

このバージョンの主な改善や新機能は以下のとおりです。

  1. 【不具合の改善】検索表示にてまれにフリーズがありました
  2. 【不具合の改善】ショートカットを無効・有効にするキー「CTRL + ALT + F9」が効かなくなっていました
  3. 検索にて、「時間」も指定できるようになりました
  4. 「メモリの管理」画面にて、TMや用語集をアクティブ・非アクティブにできるようになりました

1. 【不具合の改善】検索表示にてまれにフリーズがありました

まれに、無効な照会文を指定するとFelixクラッシュしてしまう現象がありましたので、これを修正しました。

上に戻る

2. 【不具合の改善】ショートカットを無効・有効にするキー「CTRL + ALT + F9」が効かなくなっていました

ショートカットを無効・有効にするキー「CTRL + ALT + F9」が効かなくなっていましたので、これを修正しました。

上に戻る

3. 検索にて、「時間」も指定できるようになりました

日時関連の検索にて、時間も指定できるようになりました。例えば、「作成日時」では、日付だけではなく、時間まで指定できます。日時は、次の構文で指定します。「YYYY/MM/DD [HH:MM:SS]」

上に戻る

4. 「メモリの管理」画面にて、TMや用語集をアクティブ・非アクティブにできるようになりました

メモリや用語集をアクティブ・非アクティブとして指定できるようになりました。TMや用語集が非アクティブですと、コンコーダンス(一致)検索や全文検索で利用できるものの、メモリ検索や用語集検索では使われません。

上に戻る

admin がFelix,リリース のカテゴリにて投稿しました。 | コメント 0 件»

Felixバージョン1.6.8.1のリリース

2012年04月24日 AM 1:11

Felixバージョン1.6.8.1がリリースされました。このバージョンは、マイナーのリリースです。

最新版のダウンロードはこちら

今回のリリースの主な改善や新機能は以下のとおりです。

  1. QC(品質管理)設定では、用語集が指定できます
  2. 検索では、ピリオドの後の括弧が選択されます

1. QC(品質管理)設定では、用語集が指定できます

QC(品質管理)設定では、TMのチェックに利用する用語集が指定できるようになりました。

上に戻る

2. 検索では、ピリオドの後の括弧が選択されます

ワードやパワーポイントで文節を選択して検索する際、ピリオドに続く括弧「.)」が選択範囲に含まれるようになりました。

上に戻る

admin がFelix,リリース のカテゴリにて投稿しました。 | コメント 0 件»

Felix バージョン1.6.7のリリース

2011年09月17日 AM 6:32

Felixバージョン1.6.7がリリースされました。

最新バージョンのFelixをインストール

Felix(フィリック)v. 1.6.7の主な改善や新機能は以下のとおりです。

  1. 「原文あたり一つの訳文」オプション
  2. PowerPointのFelixインタフェースがワード・エクセルのインターフェースと統一しました。

1. 「原文あたり一つの訳文」オプション

1つの原文あたり、1つの訳文に制限できる用になりました。初期設定では、一つの原文に対して、複数の訳文が登録できます。

このオプションを有効にするには、「ツール」メニューから「プロパティ」を選択して、「メモリ」タブの下部の方にて、「原文あたり、1つの訳文に制限する」チェックボックスにチェックを入れます。

注意:このオプションを有効にする場合、TMを読み込む前に湯こうしてください。TMを読み込んだ後に選択すると、意図しない挙動になる可能性があります。

Back to top

2. PowerPointのFelixインタフェースがワード・エクセルのインターフェースと統一しました。

PowerPointのFelix I/Fが他のオフィスI/Fと統一しました。PowerPointでも、翻訳モード・校正モードができました。

Back to top

admin がFelix,リリース のカテゴリにて投稿しました。 | コメント 0 件»

Felix バージョン1.6.4のリリース

2010年12月03日 PM 7:56

Felixバージョン1.6.4がリリースされました。

最新版のダウンロードはこちら

主な新機能や改善は以下のとおりです。

  1. 【不具合の改善】無効のTM・用語集が取り込めませんでした
  2. Felixの検索結果の一覧表に「詳細」リンクを付けました
  3. 用語マッチの簡易表示
  4. COMのAPIが拡大されました
  5. 既定のコンテキスト(文脈)が指定できるようになりました
  6. メモリの管理:削除の「元に戻す」操作が付けられました
  7. 検索ウィンドー:検索のスピードが上がりました
  8. 検索ウィンドー:検索結果の削除
  9. 検索ウィンドー:TM名・用語集名での検索
  10. エクセル:非表示のセルが検索の対象でなくなりました
  11. 【不具合の改善】PowerPointインターフェースでは、「次のスライド」ダイアログがキャンセルできませんでした。

1. 【不具合の改善】無効のTM・用語集が取り込めませんでした

無効なエントリ(訳語・訳文)が含まれるTM・用語集の取り込みができない場合がありました。今回のリリースでは、ユーザが無効なエントリが破棄できるようになりました。

ページのトップに戻る

2. Felixの検索結果の一覧表に「詳細」リンクを付けました

Felixの検索結果の表示では、「詳細」(用語集ウィンドーでは[>>])をクリックすると、その結果の対象となる訳文・訳語の詳細を見ることができるようになりました。

ページのトップに戻る

3. 用語マッチの簡易表示

用語の検索結果(マッチ)を簡易表示で見ることができるようになりました。「簡易表示」・「通常表示」を切り替えるには、「表示」>> 「簡易表示」を選択します。

ページのトップに戻る

4. COMのAPIが拡大されました

COMのI/F(API)が拡大されました。現在のバージョンでは、TM・用語集の取り込み・保存、プロパティの設定などができます。

ページのトップに戻る

5. 既定のコンテキスト(文脈)が指定できるようになりました

現在のバージョンでは、既定のコンテキスト(文脈)を指定できるようになりました。規定のコンテキスト(文脈)とは、新しく訳語・訳文を登録する際に、自動的に設定される文脈のことです。既定の文脈を指定するには、「メモリの管理」画面を表示させ(「ツール」>>「メモリの管理」)、対象のTM・用語集の「編集」リンクをクリックします。そして、文脈を入力して、「変更」をクリックします。

なお、現在のバージョンでは、TM・用語集ごとに既定の文脈を設定する必要があり、Felixを終了したら、その既定の文脈が保存されません。今後のリリースでは、改善する予定です。

ページのトップに戻る

6. メモリの管理:削除の「元に戻す」操作が付けられました

参照画面から、一度削除した訳文・訳語を元に戻すことができるようになりました。

ページのトップに戻る

7. 検索ウィンドー:検索のスピードが上がりました

特に容量の大きいTM・用語集を検索している場合、検索ウィンドーで行う検索処理が早くなりました。

ページのトップに戻る

8. 検索ウィンドー:検索結果の削除

現在のバージョンでは、検索結果が一括で削除できるようになりました。これで、不要な訳文・訳語が一括で削除できますし、「検索結果の保存」機能と組合せば、TM・用語集の分割もできます。

ページのトップに戻る

9. 検索ウィンドー:TM名・用語集名での検索

現在のバージョンでは、「mem:」タグ又は「gloss:」タグを付けることで、TM名・用語集名を検索条件として指定できるようになりました。検索ウィンドーで、「ヘルプの表示」をクリックすると、タグの説明や操作例を見ることができます。

ページのトップに戻る

10. エクセル:非表示のセルが検索の対象でなくなりました

エクセルのすべての操作では、非表示のセルが対象でなくなりました。

ページのトップに戻る

11. 【不具合の改善】PowerPointインターフェースでは、「次のスライド」ダイアログがキャンセルできませんでした。

「次のスライド」ダイアログで、「キャンセル」を押しても、そのダイアログを閉じることができませんでした。現在のバージョンでは、改善されました。

ページのトップに戻る

admin がFelix,リリース のカテゴリにて投稿しました。 | コメント 0 件»

Felixバージョン1.6.3のリリース

2010年10月13日 PM 7:20

Felixバージョン1.6.3がリリースされました。

最新版のダウンロードはこちら

Felix(フィリック)バージョン1.6.3の主な改善や新機能は以下のとおりです。

  1. 検索表示ウィンドーにて、正規表現式が利用できるようになりました
  2. 管理アクション:タグの削除
  3. 管理アクション:空白文字の削除
  4. エクセル:Escapeキーを押すことで、時間のかかる操作がキャンセルできるようになりました
  5. エクセル:非表示のセルが自動翻訳の対象でなくなりました
  6. ワード:Escapeキーを押すことで、時間のかかる操作がキャンセルできるようになりました
  7. 【不具合の改善】ひらがなの文字が検索されない場合がありました


1. 検索表示ウィンドーにて、正規表現式が利用できるようになりました

検索ウィンドーでは、正規表現式が利用できるようになりました。正規表現式を利用するには、検索の文字列の前に、regex:を入力します。

Back to top

2. 管理アクション:タグの削除

管理ウィンドーでは、メモリ(TM)・用語集からすべての書式タグを削除することができるようになりました。

アクションを行うには、管理ウィンドーにて、TM・用語集を表示・一覧表示に移動して、「{TM名・用語集名}のアクション」をクリックします。

Back to top

3. 管理アクション:空白文字の削除

管理ウィンドーでは、メモリ(TM)・用語集から原文・原語、訳文・訳語の周りにある空白文字を削除することができるようになりました。

アクションを行うには、管理ウィンドーにて、TM・用語集を表示・一覧表示に移動して、「{TM名・用語集名}のアクション」をクリックします。

Back to top

4. エクセル:Escapeキーを押すことで、時間のかかる操作がキャンセルできるようになりました

エクセルでは、Escapeキーを押すことで、自動翻訳・用語集の登録・メモリの登録といった操作をキャンセルすることができるようになりました。

Back to top

5. エクセル:非表示のセルが自動翻訳の対象でなくなりました

このバージョンから、エクセルでは、非表示のセルが自動翻訳の対象ではありません。

Back to top

6. ワード:Escapeキーを押すことで、時間のかかる操作がキャンセルできるようになりました

このバージョンから、ワードでは、Escapeキーを押すことで、自動翻訳がキャンセルできるようになりました。

Back to top

7. 【不具合の改善】ひらがなの文字が検索されない場合がありました

検索ウィンドーでは、ひらがなの文字が検索されない場合がありました。このバージョンから、改善されています。

Back to top

admin がFelix,リリース のカテゴリにて投稿しました。 | コメント 0 件»