Align Assistバージョン1.0のリリース

2009年05月23日 PM 4:57

Align Assistバージョン1.0がリリースされました。

最新版のダウンロードはこちら

このバージョンの主な改善点は下記のとおりです。

  1. Felixで作成した翻訳メモリとグロサリが開くことができる
  2. 整合ウィンドーに「保存」メニューの追加
  3. 整合ウィンドーのステータスバーに行数が表示される
  4. 整合ウィンドーのタイトルにファイル名が表示される
  5. 【不具合の改善】保存ダイアログのボタンが「開く」になっていた

改善点の詳細は下記のとおりです。

1. Felixで作成した翻訳メモリとグロサリが開くことができる

中間結果ファイルのほか、Felixで作成されたTM(翻訳メモリ)やグロサリ(用語集)もAlign Assist上で開く事ができるようになりました。開くには、メーンウィンドーのメニューから、「ファイル」>>「開く」を選択して、ファイルの種類を「Felix TMファイル(.ftm)」、あるいは「Felix用語ファイル(.fgloss)」に設定してください。

上に戻る

2. 整合ウィンドーに「保存」メニューの追加

整合ウィンドーに「保存」メニュー項目が追加されました。これで、「Felixメモリの保存」や「中間結果ファイルの保存」が直接選択できるようになりました。

上に戻る

3. 整合ウィンドーのステータスバーに行数が表示される

整合ウィンドーのステータスバーに、現在の行数(原文・訳文とも)が表示されるようになりました。これで、たとえば整合結果を保存する前に、原文の行数と訳文の行数が合っているかを簡単に確認できるようになります。

上に戻る

4. 整合ウィンドーのタイトルにファイル名が表示される

中間結果ファイルやFelixのTM・用語集を開いたとき、ファイル名が整合ウィンドーのタイトル部分に表示されます。整合結果を保存したとき、そのファイル名が表示されます。

上に戻る

5. 【不具合の改善】保存ダイアログのボタンが「開く」になっていた

整合結果を保存するとき、保存ダイアログのボタンが「保存」ではなく「開く」になっていました。

上に戻る

Align Assistとは

Align Assistとは、過去の原文と訳文をアライン(整合)して、Felix用のTM(翻訳メモリ)ファイルを作成する無料プログラムです。

Ryan GinstromがAlign Assist,Felix,リリース のカテゴリにて投稿しました。 | コメント 0 件»

コメントを書く