Felixのヒント:用語(メモリ)の修正

2009年01月21日 AM 11:02

翻訳メモリを利用して翻訳する過程の中、用語や訳文を登録してから、修正(訂正)の必要が出てくる場合はよくあります。Felixでは、用語やメモリの修正について、大きく分けて二つの方法があります。

一つは、そのままの画面で修正することです。

  1. 修正したい用語が表示されたままで、グロサリの画面をクリックします。
  2. CTRL+Eを押します。これで編集モードになります。
     (あるいは、「表示」メニューから「編集モード」選択します。)
  3. 必要な修正を行います。
  4. 再びCTRL+Eを押します。修正が反映されます。
     (あるいは、「表示」メニューから「編集モード」選択します。)

もう一つの方法として、修正ダイアログがあります。

  1. 修正したい用語の横にある[E]を、クリックします。
  2. 「エントリの修正」画面が、表示されます。
  3. 必要に応じて修正します。
  4. 「OK」ボタンをクリックします。
  5. 修正が反映されます。

「エントリの修正」ダイアログ

(同じ操作がメモリ画面からもできます。)

Ryan GinstromがFelix,ヒント のカテゴリにて投稿しました。 | コメント 0 件»

コメントを書く